スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

2015/8/18 橘菊太郎劇団 【忠臣蔵】  [浅草木馬館 昼の部]

【紺屋高尾】の後は舞踊ショーとなり、いよいよラストショー
大衆演劇×浪曲 特別狂言【忠臣蔵】です。



DSC_3799.jpg

舞台には迫力のある絵がバーーーンと広がり、

DSC_3802.jpg

三味線を持った国本武春さんが登場。
その三味線の音に聞き惚れていると、突然「時は元禄ぅー」と大きな声で歌い出し、
思わずビクッとさせられましたw 

そして、浪曲とはどんなものか、どんな掛け声があるのかとレクチャーして下さる。
まず、浪曲師が登場したら全員で「待ってました!!
三味線が鳴り出したら「たっぷり!!
一声唸ったら「名調子!!
レクチャー途中に浪曲慣れしたお客様から積極的に声が掛かり、
それを笑いに代えながらどんどん進んで行きます。
タイミングも大事だよ?と素人には緊張するような注文までw
最後に、お仕舞いまでいったら「日本一!!」「良い男!!
難しいよ!!でも、こういう約束事は楽しいー。もう儀式ですね。
皆で一生懸命に練習しました。


[刃傷松の廊下]
DSC_3838.jpg

赤穂藩藩主・浅野長矩(内匠頭)に三代目座長 橘大五郎

DSC_3841.jpg

吉良義央(上野介)に花形 橘裕太郎

吉良に嘘を教えられ、更に殿中で恥をかかされた浅野内匠頭。
「手前の事を鮒侍と申されたが、それは本心でございまするかぁ!!?」
「本心ならばなんとした。鮒じゃ鮒じゃあ鮒侍じゃあ〜」
気持ちよく二人の台詞が進み・・ませんw

DSC_3846.jpg

国本さんが「ちょっちょっちょっ」と止めに入る。

「思わず斬りつけたくなるような、憎らしい感じじゃないといけません。
「鮒じゃ」じゃなく、「ぶぶぅうなぁぁあじゃあぁ〜〜」」
と、台詞から口の動きまで、憎たらしい吉良作りの指導です。
唖然としつつも真面目に聞く二人。

DSC_3852.jpg

さ。気を取り直して再開です。

DSC_3856.jpg

「おのれぇ!」抜いた刀で斬り掛かる。

これが噂の刃傷♪今に伝わる刃傷♪
殿中で刃傷おこしちゃ大罪だ♪即日切腹あるべしとー♪

DSC_3861.jpg


[田村邸の別れ]
この[田村邸の別れ]のお写真は、ぜひこちらの動画を流しながらご覧下さい。
DSC_3891.jpg

赤穂藩藩主・浅野長矩(内匠頭)に副座長 橘良二

片岡源五右衛門に三代目座長 橘大五郎
幕府目付 多門伝八郎に橘たくみ

DSC_3918.jpg

「源五 もうこの世では会えぬぞよ さらば さらばじゃ」
取りすがる源五に
「源五 離せ・・離せ話せぇ この未練者めがぁ」

DSC_3897.jpg

片岡源五右衛門の悲痛な叫び声がいつまでもいつまでも
最愛の主を呼び続けていました。

DSC_3929.jpg

これが最後か お仕舞いか

DSC_3931.jpg

いや いや決してそうじゃない

DSC_3937.jpg

これがドラマの始まりで 【忠臣蔵】の幕が開く

DSC_3945.jpg

DSC_3942.jpg

DSC_3947.jpg

【忠臣蔵】の幕が開く


ここで国本さんから忠臣蔵についての解説が・・
浅野内匠頭切腹後の流れや、1年9ヶ月後に討入りがあった等々。
舞台の上には四十七士の名前が並んだ幕が貼られています。

DSC_3958.jpg

そして、最後の討入り前に観客もひと頑張り。
赤穂浪士を応援する為の振り付け練習ですw

DSC_3969.jpg

準備に忙しい浪士の方達も舞台に出て来てくれて、お手本を見せてくれました。
元気に手拍子(クラッピング)しながら右手を上にすぅーっと持って行って
「あっこぉーーーー」

DSC_3971.jpg

「ろぉしっ!!」
右手の親指はきちんと折って四にしないといけません。
(リズムはペッパー警部を想像してください)

DSC_3975.jpg

では、「家族親類の者に別れを告げて来たか?」
    「いざ出陣!!!」

[討ち入り]

DSC_3982.jpg

元禄15年12月14日
同じ装束(いでたち)勇ましく 打つは太鼓の山鹿流

DSC_3994.jpg

吉良はどこだぁ!? 山!川!!
どこだ!どこなんだ!?血眼になって吉良を探す浪士達。

やがて裏手から聞こえる笛の音。
各々方っ!御出会えそうらえ!!あっこーーろうしっ!!♪

DSC_4024_20151219200405985.jpg

吉良殿でござるか。
我々は今は亡き浅野内匠頭長矩が家来大石内蔵助以下47名

どうか 我々の心中お察し下され

DSC_4031.jpg

吉良殿 御首級頂戴

DSC_4043.jpg

お覚悟を!!


方々 蔵之介 今日程晴れ晴れとした朝を迎えた事はござらん
本当に良くやってくれた

DSC_4065.jpg

さぁ 殿の元へ参ろう

DSC_4072.jpg

堂々と胸を張って 晴れ晴れと顔を上げて

DSC_4081.jpg

殿の待つ 殿の待つ 高輪泉岳寺に参ろう


以上が8/18に行われた大衆演劇×浪曲 特別狂言【忠臣蔵】の様子です。
急いで書き残したメモや、いろんな資料や動画を元に記事を書き出しましたので、
台詞の間違い等々あるかと思いますが、ご容赦くださいませ。
少しでもあの舞台の雰囲気が、読んで下さった方に伝われば嬉しいです。

初めての浪曲・・そして初めて見た大衆演劇とのコラボ。
楽しい楽しい!!切ない所はきっちり切なく、そして美しく。
見ていて聞いていて休む暇もない。ものすっごく充実した公演でした。
心から「良いものを見せて下さってありがとうございました!!」です。
是非また見せて下さい!!
スポンサーサイト

Tag:橘菊太郎劇団  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

秋扇

Author:秋扇
写真は劇団様・ご本人様に撮影と掲載の許可を頂いております。
記事や画像の無断での引用・流用・複写・転載については固くお断り致します。

記事の内容に間違いや問題がありましたら、遠慮なくご指摘下さい。
可能な限り対処させて頂きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。