スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

劇団都 藤乃かな座長 退団

2016年。
座長が何気なく発した言葉にショックを受けていた。もっと突っ込んで言葉の真意を聞いてみたかったけど、その後の様子からそれは避けた。ただ「そうか。この人はもう直ぐいなくなってしまうんだな」と感じる一言だった。あれからもうすぐ1年。劇団都 座長 藤乃かなさんから『報告とお詫び』という形で正式な発表がありました。



覚悟はしていた。あっという間だったけれど、自分なりに精いっぱい劇団都を見続けて来たから後悔はない。寂しくない訳ないし悔しくない訳もない。だけど見守るって決めていたからね。1ファンに出来るのはそれだけです。



でもね、やっぱり辛い。
あの芝居もこの芝居も、あの舞踊もこの舞踊も何もかも、まだ観ていない芝居も全部、もう会うことが出来ないんだ。二度と観られないんだ。そう思うと、覚悟していた筈なのに涙が止まらない。かなさんが考えに考えて選んだ道だもの嫌だとは言えない。でもやっぱり辛い。



1番大事な劇団。1番大好きな座長。1番観たい舞台。それがなくなる。ずっとずっと観ていたかった。なのにまたの機会なんて無いんだ。いつまでも観られるなんて有り得ないんだ。こんなふうに無くなっちゃう。観られなくなるんだ。だからこそ価値があるのかもしれないけれど...。



桃象さんのブログによると、退団理由は
「大舞台でやりたい、映像の仕事もしてみたい」とのこと。

うん。あの藤乃かなだもの...更に凄いもの魅せてくれるに決まってる。私達が心底惚れた女だもの。都だって残ったみんなが頑張るだろうし、私達は黙って見守るのみよね。藤乃かなが女優であり続けてくれること、表現者であり続けてくれるのは何より救いだ。



明日から劇団都は奈良県の弁天座にて公演。
そして、劇団都でかな座長の姿が見られるのは7月の大阪 明生座が最後になる。
出来ることなら、1人でも多くの方に1度でも多く足を運んで頂きたい。藤乃かな座長の姿が沢山の人の心に残りますように。



最後の1日まで全力で応援します。勿論、これからも、ずっとね。
スポンサーサイト

Tag:劇団都  comment:1 

プロフィール

秋扇

Author:秋扇
写真は劇団様・ご本人様に撮影と掲載の許可を頂いております。
記事や画像の無断での引用・流用・複写・転載については固くお断り致します。

記事の内容に間違いや問題がありましたら、遠慮なくご指摘下さい。
可能な限り対処させて頂きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。