スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

劇団武る[妻恋時雨] 三吉演芸場 昼の部(2016/2/23)

劇団武る[妻恋時雨]
注意:あらすじや台詞・役名等に間違いが多いかと思いますが、お許し下さい。


蟒蛇(うわばみ)一家
蟒蛇清太 都京太郎
吉五郎 三条すすむ
おせい 特別出演 沢田ひろし

木津川一家
おたか 月城小夜子
代貸 中村直斗
お花 都祐矢
三下 都たか虎

鬼塚一家
代貸 鈴峰龍艶

茶店の娘 桃香


情の深ーーい三人の女のお話です。(と私には見えた)

一人は浪速 木津川一家を仕切るおたか。
夫は喧嘩場で命を落とし、肌に合わない渡世を嫌って看板を下ろす事も考えたが、一家の為と女だてら家を長年守り続けてきた。そんなある日、可愛い娘が一緒になりたい男がいると、目に涙を溜めて頼んできた。話を聞けば、相手は半年前に娘を助けてくれた旅人の清太だという。好きな水なら飲ませてやりたい…そんな親心で清太に縁談話を持ち掛ける。最初は断る清太だったが、何とか良い返事を貰う事が出来た。娘の結婚がまとまり、立派な男に組を継いで貰えると決まった。こんなに嬉しい事はない。そんな時、清太を奥州から訪ねて来る者が…

一人はおたかの娘お花。
祭礼で喧嘩に巻き込まれた所を助けてくれた旅の男に一目惚れ。その際に深手を負った清太を献身的に看護する。そして回復祝いにと酒を持って清太の部屋を訪ね、そこで良い仲になり…
惚れた男と一緒になりたい。その一心で母に頼み込み、清太に縁談を受けて貰えた。

最後の一人は、奥州 仙台 波止場村 蟒蛇一家のおせい。
夫は男修行に出ている。身重の体で留守を守っていたが、隣に住む浪人が手篭めにしようと若い衆の留守を狙って襲ってきた。そこへ帰ってきた義父が止めに入ってくれたが、浪人を諭し後ろを向いたところをバッサリと斬られてしまう。大きいお腹で弔いを出し、立派に男の子を産むことも出来た。だけど、その後の病で目は見えなくなり組も散り散りに。残ったのは自分と若い者二人だけ。心細く待ち続けていても、旅に出た夫からは便りすらない。そんな時、浪速で夫を見たという商人が…それを頼りに吉五郎が浪速へと夫を捜して旅立って行った。ジッと村で待つと言ったが、居ても立っても居られない。おせい自身も乳飲み子を抱いて舟に乗り、見知らぬ浪速へと…。


主役の蟒蛇清太(都京太郎)は、「旅先で助けてくれた木津川の親分とお嬢さんは命の恩人。傷養生もさせて貰い、その恩と義理故に縁談話を断り切れなかった。だが、自分には故郷に妻が…」という苦悩の役。
奥州から訪ねて来た吉五郎から一家や妻や子供の事を聞きながらも、木津川一家への恩を裏切れず、吉五郎を追い返そうとする清太。「情けねぇや!この薄情もん!」と泣きながら帰ろうとする吉五郎。そこへ、奥州から浪速に着いたおせい(沢田ひろし)が登場する。
この沢田さんのおせいの姿が本当に素晴らしかった。心細そうに見知らぬ土地に杖を付き、腕には重みのある赤子を抱いている。長旅で疲れ切った様子。花道を数歩歩くだけで、台詞を一つも言っていないのに、体が全てを説明してくれるような表現力。そしてそれを受け止める三条すすむさんの吉と、都京太郎さんの清太。この三人のやり取りを直に見る事が出来たのは本当に幸せだった。

目の見えないおせいに「清太さんなら旅に出ましたよ」と嘘をつき、吉と一緒に奥州へ帰そうとする清太。だけど、苦労を重ね疲れ切った女房と初めて見る息子。可愛くない筈がない。そこでせめてもの詫びにと金を差し出す。そこで二人の板挟みの吉。「自分でやればいいでしょ」と言いながらも、おせいを悲しませたくない一心で清太の嘘に付き合う。だけど、おせいはそれを丁寧に断る。
「私の夫は渡世で名を上げ男を売らなきゃいけない稼業。その女房や子供がお金を恵んで貰ったら、うちの人が肩身の狭い思いをするじゃないか」とサラリと言う。どこまでも一途で、どこまでも夫が大事なんだ。その夫は他の女と一緒になろうとしているのに。「亭主の足を引っ張る事は出来ないよ」って当たり前のように笑顔で言うんだよ。自分は苦しい筈なのに。その思いに必死に涙を堪える吉。堪えながら必死におせいの素晴らしさを清太に訴える吉。すすむ座長も素晴らしい。

清太は吉に子供が抱きたいと合図をする。「自分で言えばいいでしょー」と言いながらも上手く嘘をつなぐ吉。「汗や埃にまみれているからご迷惑が」と断るおせい。吉の説得もあって、初めて我が子を抱けた清太の顔。その表情にまた涙がこぼれた。その温かさやその重み。最初で最後になるだろう息子の感触。赤子を受け取ろうとする吉を避け、少しでも長く抱き続けようとする清太。馬鹿で勝手な男だ。自分で決めたくせに。自業自得なのに。でも、その愛情も嘘じゃない。男の苦しみなんて知ったこっちゃないけど、京太郎さんの清太に涙がボロボロ出た。

目が見えないとはいえ、目が見えないからこそおせいが気付く違和感。そこにいるのは探し求める蟒蛇清太じゃないのか?と。違う違う!親分だったら姐さんや坊を見て何も言わない筈がないじゃないか!泣きながら必死で否定する吉。
今ほど目が見えない事が悔しいと思った事はない。真実を確かめられないこの切なさはと泣き崩れるおせい。そのおせいの姿に自分も声を必死で抑えて泣いていた。胸を抉られるように苦しかった。
そんな二人が去ってゆく。その姿が見えなくなって、初めて女房の名を呼んだ清太。
何の為の義理なのか。何を守る為の人情なのか。

二人が立ち去った後、おたかとお花が家から出て姿を見せる。
清太が言葉を発する前に、おたかが「何故、それならそうと言ってくれない」と切り出す。自分が、女房子供のある男に無理にでも娘を嫁がせるような愚かな母親にみえたか?と。なんて男前なんだろう。よくも娘を、私を騙したなと怒り狂ってもおかしくない筈なのに、笑顔で清太に故郷に帰れとまで言ってくれる。女房子供を大事にしろと。これが一家を守り続ける親の器なのかーと感動。
そしてお花に「事の善し悪しは分かるね。お別れの挨拶をおし」と言うと、お花も素直に「はい」という。「この半年楽しかった。これからは二人を幸せにしてあげてください。私の事は心配いりません」なんてお手本みたいに清太に向かって笑って、最後は「私だって木津川おたかの娘ですから」と誇り高く、だけど涙声で…そこまで言って、母の胸に泣き崩れる。その娘の肩を、良く出来たねと優しく抱く母。母娘揃って本当にいい女。清太が事情を説明するまでもなく、全てを悟った女達がまとめてくれて男達を見送ってくれた。

男だっていろんなものに縛られて苦しいんだろう。だけどやっぱり、自分は女だから三人の女達の見事さに目が行ってしまう。
信じるものや守るものがあると、女の人生はこんなにも力強く凛とするものかと号泣しながら思った。
許せる強さ、受け止める強さって凄いなーって。


でも、やっぱり大事なのは三条すすむ座長が言っていた
【呑んだらするな するなら呑むな】だよね。

下衆な事をしたあとに生真面目さを通す男って、ほんっと面倒よね。タチが悪いわw
可愛いけどね。
スポンサーサイト

Tag:劇団武る  comment:0 

2016/2/18 劇団武る ゲスト 藤乃かな 【東京流れ者】~【銀座のトンビ】

2016/2/18 劇団武るの公演に特別出演された
劇団都 藤乃かな座長 【東京流れ者】~【銀座のトンビ】のお写真です。


DSC_5674.jpg
【東京流れ者】の語りの中を客席から登場のかなさん。その姿を見た瞬間、つい「きゃーーー!!!」となってしまう。

DSC_5686.jpg
そこにかなさんが居るってだけでも感激なのに、白いコートに黒の着物。おまけにくわえ煙草!!!こんな目付きで「何処で生きても 流れ者」って!!!会場から悲鳴が上がるのも無理はないです。

20160218-DSC_5690.jpg

DSC_5697.jpg
写真を見返して思い出すだけでもドキドキする恰好良さ。

DSC_5705.jpg

DSC_5706s.jpg

DSC_5711.jpg
客席の心をぎゅうーーーーって鷲掴みにしたまま【銀座のトンビ】へ。

DSC_5736.jpg
「あと何年 女にチヤホヤしてもらえる」「あと何年 やんちゃを繰り返せる」
何年でも!何十年でもー!!

DSC_5745.jpg
「あと何年だとしても 俺は俺のやり方で お祭やってやるけどね」
「あと何年だとしても 俺は俺のお調子で ハッピーにやってやるけどね」

DSC_5764.jpg
「俺は俺で最後まで ド派手にやってやるけどね」
ワッショーーーイ!!!



いやぁーー叫んだ叫んだw 普段から観劇中に声を出すってあまりないけれど、久しぶりの関東でのかなさんに我慢出来なくってねー。文句なしにかっこ良いわー。やっぱり凄い方だわ!早くまた会いたいよー!!

Tag:劇団武る  comment:0 

2016/2/18 劇団武る ゲスト 都京弥 【恋は火の舞剣の舞】

2016/2/18 劇団武るの公演に特別出演された
劇団都 都京弥座長 【恋は火の舞剣の舞】のお写真です。


DSC_5197.jpg
何かの間違いで本人に見付かって怒られるといけないので、小文字でこっそり書きますが、ものすっっごく曲と着物が合っていないと思うの。

DSC_5192.jpg
まぁ、小文字は置いておいて、私このお着物も曲も大好きなので、とても嬉しいのです。

DSC_5180.jpg

DSC_5189.jpg
視線がどっか行っていても、着物の綺麗な薄紫がピンク照明で潰れていても良いんです。京弥さんのこういう右手の綺麗さがとても好きなので。

DSC_5201.jpg

DSC_5203.jpg
この辺りのお写真は、この日一番のお気に入り。
首から腰がキレイなのはいつも通りなんだけど、帯が天使の羽根に見えるほど可愛い。可憐すぎて憎たらしい。

DSC_5210.jpg

DSC_5215.jpg

DSC_5232.jpg
最近うれしいこと。京弥さんが切なそうな表情をするようになった!前はもう少し感情が分かりにくかった気がするんですよねー。

DSC_5238.jpg
丸いなー。でも可愛いなー(甘やかし)

DSC_5246.jpg

DSC_5258.jpg

DSC_5272.jpg
最後に、美しい首から肩のラインの変化を・・ブレたけどね

DSC_5274.jpg

DSC_5277.jpg
うん。後ろ姿だけど、お顔は見えていないけれど、やっぱり惚れ惚れするなー。
京弥さんの女形では、こういう写真が撮りたいんだ。線の綺麗さ。傾きの綺麗さ。
狙って撮るのは難しいけれど、撮れない事はない。精進しよう。



個人的に、この曲では火のように激しく熱く、それでいて儚い女を観たいって気もするけれど、まぁ良いかー。
京弥さんが綺麗で可愛かったからね。

Tag:劇団武る  comment:0 

2016/2/18 劇団武る [三吉演芸場 夜の部]

2016/2/18 劇団武る [三吉演芸場 夜の部]の舞踊ショーの様子です。


【傾奇者恋歌】
DSC_5118.jpg
すすむ座長が女形メイクで登場。これもまた妖しげな恰好良さですなー。

DSC_5145.jpg
「蓮華牡丹撫子桜 大和花に 身を捧ぐ」って歌詞の所で、「いや、貴方様が一番華です」と思っていました。ハイ



特別出演 伍代つかささん 【北の漁場】
DSC_5157.jpg

DSC_5175.jpg



特別出演 都京弥座長 【恋は火の舞剣の舞】

お写真大量につき、別記事で。


特別出演 藤乃かな座長 【清水港のお蝶さん】
DSC_5301.jpg
かなさんのお蝶さん初めてみましたー!可愛い!かっこ良い!キュート!!!
なのに、全然お写真うまく撮れなかったのです。くやしいーー!!

DSC_5321.jpg
それにしても、素敵な衣装ですよねー。青と白の波と清水港って言うのがぴったり。黒の玉簪に金色がキレイー。煙管入れにチラリと見える赤が女らしくて・・かなさんのこういう細かい所までこだわる所が大好きー。



特別出演 伍代孝雄さん 【幸せ】
DSC_5345.jpg
伍代さんが舞台に現れてたっぷり3秒は思考が停止。そしてハッと我に帰って「え?伍代さん?ですよね?さっきまで濡髪長五郎だった伍代さんで良いんですよね?」と頭グルグル。役者って恐い生き物だ!別人過ぎる!!と感動しました。

DSC_5378.jpg
意外だったなー。黒と白でキリキリっと魅せてくれていた伍代さんが、こんな可愛らしい若草色を纏って登場するなんて。そこに淡い柑子色を合わせて、お着物の模様は白の大輪だけど枝部分は薄墨のように優しくて・・柔らかく柔らかく強調し過ぎず。なんて素敵なんだろうー。口紅も艶を抑えた品のいいお色で、目尻の紅とぴったりで!!惚れる!!

DSC_5387.jpg
「幸せになる 道には二つある 一つめは願いごとうまく叶うこと」
「幸せになる 道には二つある もう一つは願いなんか捨ててしまうこと」

DSC_5393.jpg
「せんないね 幸せになりたいね」
幸せに・・なってほしいなぁ。



三条すすむ座長 【くれない椿】
DSC_5405.jpg
こちらの舞踊のお写真・・本当に申し訳ない写りなんですが、非常に面白いお着物だったので、載せさせて頂きました。

DSC_5430.jpg
肩が、袖が、お着物の裾がくるくると表情を変えて、すすむ座長が動く度に違うお着物に見えて来るんです。

DSC_5455.jpg
この曲の為に誂えたような素晴らしさ。



【浪花節だよ人生は】



都京太郎さん 【転がる石】
DSC_5503.jpg
イントロでもう「やられたー」って白旗。京太郎さんで【転がる石】なんて格好良いに決まってます。そして、舞台に登場した京太郎さんの姿に無条件降伏。

DSC_5509s.jpg

DSC_5518s.jpg
このお着物を直に見る事が出来るとは!ご兄妹みなさんが持っていらっしゃるという「釋浄進」のお着物。お父様の法名とのことです。

DSC_5527.jpg
ブレてはいけない所でブレてしまった!でも絶対に写真を載せたいお背中なので!!

DSC_5528.jpg
この傘もかっこいい!!近くの席のご婦人が「京太郎さんの着物には惚れるわよー」と教えて下さったけれど、着物も小物も全部惚れますね!!

DSC_5529.jpg
良い男は、影を味方に付けるものだ・・

DSC_5531s.jpg



特別出演 都京弥座長 【アジアの海賊】
DSC_5558.jpg
【アジアの海賊】といえば坂本冬美さんのイメージだけど、この曲は男性ボーカル。誰の声だろうー?何となく聞き覚えはあるなと思って調べていたら見付けた。多分、山寺宏一さんだ!YAMADELOID!!面白い所から持ってくるなー。

DSC_5570.jpg
京弥さんの格好良さに手が震えて写真がブレた訳ではない(と思いたい)。これでもかっていう簪に吹いていたんです。

DSC_5589s.jpg
ムカつくよねーこのドヤ顔(恰好良くて)

20160218-DSC_5620.jpg
これはムカつかない(格好良過ぎて)



特別出演 藤乃かな座長 【東京流れ者】~【銀座のトンビ】

お写真大量につき、別記事で



特別出演 伍代孝雄さん 【包丁一代】
DSC_5785.jpg
本日の「え?伍代さん?ですよね?」二回目。初めて聞く曲でしたが、一聞き惚れの一目惚れ。

DSC_5805.jpg
伍代さんの舞踊が凄まじく素晴らしいので、何も言えなくて困る。

DSC_5810.jpg

20160218-DSC_5831.jpg
また観に行きたい!って思える役者さんとの出会いは、本当に幸せねー。

DSC_5835.jpg



三条すすむ座長 【釜ヶ崎人情】



桃花さん 【だいじな人だから】



ラストショー【勝手にしやがれ】〜【キングオプ男】
DSC_5933.jpg
武るのみなさん、上手く撮れなかったので写真少なめなのです。ごめんなさいー。次の機会にまた頑張るね。

DSC_5962.jpg
甥っ子と遊ぶかなさんw

DSC_5956.jpg
このお二人が並ぶと何か可愛い。

DSC_5982.jpg
お芝居ではかなさんと正面から勝負って場面もあって頑張ってらしたつかささん。可愛かったなー。

DSC_6014s.jpg
これもボケていてごめんなさい!踊っている最中に落ちたイヤリングを、急いで着けるのではなくて口にくわえてポーズのかなさん。魅せ方が男前!!さすが!!

DSC_6016.jpg
そしてその後にスマイルー。我々もれなく骨抜き。

DSC_6058.jpg
一日も早くこの三吉演芸場に帰って来られるよう頑張ります」の言葉に関東のみんなで「待ってます!!!」
本当にお疲れ様でしたー!!ありがとうございました!!!!

Tag:劇団武る  Trackback:0 comment:0 

2016/2/18 劇団武る [三吉演芸場 夜の部]

2016/2/18 劇団武る [三吉演芸場 夜の部]のミニショーの様子です。

ーと、その前に夜の部の開演前にもかなさんをお見掛けしました。お電話中なのでお話はしませんでしたが、バイバーイとお互いに手を振って見送っていると、近くを歩いてたいたご婦人が「もしかして、かなちゃん?可愛いわねー」と話し掛けて下さって、そこからまた都ファン同士の盛り上がりです。同じ方達を好きっていうだけで、初めてお会いした方ともこうして関わらせて頂けるって嬉しいですね。劇団都の場合、このファン同士の距離が異様に近くて、それがとても心地良い。凄くいい意味で特殊で貴重な劇団さんです。


三条すすむ座長/中村直斗さん/都たか虎さん/鈴峰龍艶さん/都祐矢さん
【ダイナマイトが150トン】〜【THEアキラ節〜マイトガイ・ヒット・パレード〜】



都京太郎さん 【流星】
DSC_4871s.jpg
京太郎さんの選曲がコブクロ!っていうところで嬉しい驚き。薄く透ける背中が色っぽいー。

DSC_4887.jpg

DSC_4895.jpg
黒髪に走る孔雀色。シンプルなのに存在感の大きいクリアなピアス。京太郎さん・・私の好みのツボを突き過ぎる。
      


都祐矢さん 【東京ど真ん中】
DSC_4914.jpg



都たか虎さん 【恋人】
DSC_4940.jpg
おおーー鈴木雅之さんの【恋人】とは良いねー。やっぱりゲストさんの多い日も若手さん達がガッチリ個人を見せてくれるのって嬉しいなー。

DSC_4946.jpg
たか虎さんって撮っていて楽しいー。曲に合わせて、歌詞に合わせて、感情に合わせてくるくる表情が変わる方の舞踊って好きー。

DSC_4951.jpg



鈴峰龍艶さん 【帰って来いよ】
DSC_4967.jpg



中村直斗さん 【都会の子守唄】
DSC_4978.jpg
昼の部では夜叉で驚かせてくれた直斗さん。今度は蝙蝠!!良いな良いなーー!!こういうお着物いいなーー。

DSC_4988.jpg

DSC_4985.jpg



三条すすむ座長 【山河】
DSC_5000.jpg
昼のミニショーでの【影を慕いて】でも贅沢だと思ったけれど、夜の部ではまさかの【山河】!?そして袴!!嬉し過ぎます。

DSC_5009.jpg

DSC_5022.jpg

DSC_5030.jpg

DSC_5037.jpg
雪が舞い始めて、ますます山河の世界。

DSC_5049.jpg
降る雪を悲しげに見上げるお顔。美しいー。

DSC_5056.jpg

DSC_5061.jpg

DSC_5064.jpg



ミニショーラスト 【祝い酒】
DSC_5080.jpg

DSC_5083.jpg



以上です。
この後、お芝居【坪井金五郎】と舞踊ショーに続いて参ります。

Tag:劇団武る  comment:0 

プロフィール

秋扇

Author:秋扇
写真は劇団様・ご本人様に撮影と掲載の許可を頂いております。
記事や画像の無断での引用・流用・複写・転載については固くお断り致します。

記事の内容に間違いや問題がありましたら、遠慮なくご指摘下さい。
可能な限り対処させて頂きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。